国内旅行でも何かしらの移動手段を必要とします。

旅行で公共交通機関を利用するときは事前研究を

旅行で公共交通機関を利用するときは事前研究を 国内旅行でも何かしらの移動手段を必要とします。そのうち公共交通機関を利用するときは何も考えないで地元と同じ感覚で乗り降りをしようとしたら誤解を生んだりなどしてトラブルのもとになる可能性があります。そのためトラブルがないように事前学習をしておかないとなりません。その現地の公共交通手段の1つは鉄道です。しかし同じ鉄道でも地域や運営会社によって少々取り扱い方が違います。

その鉄道で何も考えないで何も調べないで出かけて戸惑う事例の1つはワンマン運転です。都会以外では普通や快速列車でも2両以下だとワンマン運転が一般的になってます。そのワンマンの場合は乗車は北海道では無人駅では前乗前降が、その他の地域では後乗前降が基本です。乗車券はあらかじめ駅で買うか、駅に券売機などがなければ車両の出入り口にある整理券発行機をバスと同じようにもぎ取って降りる際に運転士に見せてその場で現金で払います。そのため現金を少々用意しておかないとなりません。都市部で普及してる改札機にタッチするICカードは使えないものとしての行動が前提となります。もう1つ注意は半自動扉です。半自動は停車中は単にロックだけを解除してるので見た目閉まったままなので、うっかりしてるとその場で立ち尽くしたままになってしまいます。半自動の場合はドア横にある開閉ボタンを押して乗り降りします。そのためこの半自動扉になれる必要もあります。

関連リンク