国内の旅行ではかなりの割合でマイカーを利用して旅をする人が大勢います。

車で移動旅行なら全天候型に対応する衣類用意をすること

旅行で公共交通機関を利用するときは事前研究を 国内の旅行ではかなりの割合でマイカーを利用して旅をする人が大勢います。マイカー移動の利点は自宅から目的地まで行きたいときにいつでもどのルートでも移動できることです。そのため公共交通機関が機能していない深夜の移動も可能となり、時間の有効利用ができることになります。しかしマイカー利用ではしばしばの休憩を必要とします。

このときマイカー利用をする場合は、快適に過ごしやすくするための1つの対策として全天候型に対応する衣類用意などをすることが必須になります。というのは車の中は夜間は外気と同じくらいの気温となる一方で、昼間は直射日光にさらされるため熱がたまりやすく、外気温に比べて窓を開けてても数度から15度くらいも上がります。4月にしてすでに晴れた日の車内は35度に達して真夏となります。もちろんエアコンなど空調を利かせることも対策の1つですが、サービスエリアなどで休憩中のエアコン使用は余計にエンジンを稼働させるために燃費が悪くなるし、エコに反することになります。それゆえ年中うちわを用意することで少々の暑さをしのぐことができます。また熱中症対策としてクーラーボックスと飲み物の用意も欠かせません。クーラーボックスは中の飲み物がなくなっても保冷剤をコンビニなどで買って生鮮土産物を突っ込んで帰宅するための手段として有効になります。夜間移動をする人の中にはサービスエリアなどで仮眠するひともいますが、その際は毛布類やまくらなどを用意すると身体が冷えなくて済みます。5月前後のゴールデン期間中などは夜間はまだ冷えるので上半身もしっかりと首や耳や頭が冷えないように冬場のフード付きのジャンパーなども用意が必須となります。

関連リンク