マイカーでの旅行をするときに気を付けるべきことの1つは警察対策となります。

マイカーでの旅行では警察対策も考えておくこと

旅行で公共交通機関を利用するときは事前研究を マイカーでの旅行をするときに気を付けるべきことの1つは警察対策となります。この警察対策はもちろんスピード違反をしないということが大前提の行動となります。しかし現実の旅では特に地方へ行くほど後ろから煽られるなど日常茶飯事です。そのためやはり動画やストリードビューなどで念入りに調べて監視カメラの位置や覆面者の情報、2車線以上の道路はどれか、お店など退避可能な場所はどこかなどしっかり道路事情を研究しなければなりません。2車線以上の道路だと左ラインを走ることで後ろから煽られるという心配は減らせます。しかしこれ以外でスピードを出していなくても気を付けなければならないことがあります。1つは高速道路など2車線以上ある道路です。2車線以上道路があって、周囲に車がほとんどいない場合は追い越すとき以外は基本は左を走らねばなりません。他に車がいないのに延々と右ラインを走り続けると違反切符を取られます。交通量が多くて日常茶飯事いつも都会で右ラインばかり走ってる人はいつもの癖で右ラインを走りがちになりますから要警戒です。

それから夜間で仮眠など車中休憩をする場合、サンシェードなどに気をつけねばなりません。夏場は暑いので、それをフロントガラスだけでなく側面にもカーテンなどして覆ってしまいたいところではありますが、前面も側面もやってしまうと何も悪いことしてなくても不審者扱いされて職務質問に遭遇する確率を高めてしまいます。そうなるとせっかくの旅を嫌な印象を植え付けてしまって台無しな旅になってしまいます。だから車にサンシェードやカーテンをしないように気をつけねばなりません。言い換えれば車では気温の高い夏場の旅はその意味で要警戒となります。

関連リンク