旅行に行った時の記念として写真撮影をすることはあります。

旅行先では写真を撮影するときに注意する

旅行で公共交通機関を利用するときは事前研究を 旅行に行った時の記念として写真撮影をすることはあります。自分自身を撮影する、観光地を撮影するなどいろいろあります。以前はカメラを持っていく必要がありましたが、今はカメラでなくてもスマホなどのカメラ機能を使うことができます。必ずしもカメラがなくても撮影することができるので、より気軽に撮影してしまうことがあります。

日本国内で屋外であれば基本的には特に撮影禁止などはないでしょう。よほど事前に注意されていなければ撮影することができます。しかし屋内の場合は撮影禁止のところがあります。禁止になっているところでは撮影は出来ません。マナーを守らないとデータを取り上げられたりすることもあります。こっそり撮影するのも駄目です。周りの迷惑になることもあるので気をつけなければいけません。

海外では珍しい恰好をした人などがいてその人たちを撮影してしまうことがあります。しかし安易に撮影すると後でお金を請求されることがあります。その人たちは見てもらってお金を取る商売をしています。違法かどうかはそれぞれの国によって異なりますが、請求されれば従うことになるでしょう。高額の請求をされることはないでしょうが、なんでもかんでも撮影すればいいわけではありません。

関連リンク